《医療費控除について》

セラミック冠や金属床義歯、インプラント等の自費診療でかかった費用は、

医療費控除の対象となり、税務署への確定申告で所得控除を受ける事が出来ます。

家計が同じ配偶者や親族の医療費も対象となり、医療費の領収書等を

確定申告書に添付するので、領収書等は大切に保管しておいてください。

※矯正歯科治療については、診断書が必要になります。

 

《医療費控除に必要なもの》

1.治療費の領収証

2.税務署でもらう書類(申告書、医療費の明細書)

3.医療保険などで補填された金額のわかるもの

4.給与所得者の場合には、還付申告をする年分の源泉徴収表

5.認印、還付金を受け取る口座番号(本人名義のもの)

 

《医療費控除の注意点》

領収証は原則再発行が出来ませんので、大切に保管して下さい。

 

※詳しくは税務署におたずねください。