◆お口の健康が重要な理由

お口や歯は「食べること」「話すこと」「呼吸をすること」を司る、非常に重要な器官です。「よく噛めることのメリット」は、

1.脳を活性化(認知症(痴呆症)防止、進行を遅らせる)

2.顔の筋肉強化(会話が富み、表情が豊かになる)

3.おいしく食事ができる(免疫力を高め健康維持に役立つ)

4.内臓負担軽減内臓強化、唾液や消化液の分泌促進)


健康への第一歩は、お口の中の健康から始まります。

 

◆こんな症状はありませんか?

・「義歯が合わない(がたつき、痛み、脱落しやすい)、

     義歯を持っていない」

・「グラグラする歯がある」

・「歯と歯の間に食べ物がはさまる」

・「うまく飲み込む事ができない、食事中に咳き込んだり、

     むせたりしやすい」

・「歯ぐきが腫れたり、血が出たりする」

・「寝たきりで思うようにお口の手入れができない」


これらの症状を放置すると、重大な疾患に繋がる恐れがありますので、

早めの対処を検討してください!

◆お口や歯の状態を悪いまま放置すると

多くの方は、認知症、心臓病、糖尿病等の原因が、お口とは無関係に思われると思います。

しかし、これらの原因の多くはお口の細菌(100種類以上!)によるものです。

特に日本人の死因第3位である肺炎は95%が65歳以上の高齢者で占められています。

通常、私達は食物や唾液を飲み込むと、食道へ運ばれます。

しかし飲み込む能力が低下する等の理由で、誤って気管に運ばれてしまう事があります。

その際に口の中の細菌等が気管に入って発症する肺炎の事を「誤嚥性肺炎」と言います。

これらを防ぐには適切な歯科治療・口腔ケアを受ける事が重要です。