《歯並びや噛み合わせが悪い事を不正咬合(ふせいこうごう)といいます》

画像をクリックすると拡大表示されます

◆正常咬合

せいじょうこうごう

「上の2本の前歯の間の線」と「下の2本の前歯の間の線」が1直線に並ぶ状態を正中といい、歯並びが良い状態の歯列とされています。また様々な、噛み合わせの条件を一定クリアしていて、歯冠の長軸、歯肉側部の適正、歯間の接触、歯のねじれ、回転がない状態です。

◆正中離開

せいちゅうりかい

空隙歯列(くうげきしれつ)の中でも、前歯に隙間があるタイプは「正中離開(せいちゅうりかい)」と呼ばれ「すきっ歯」の中でも比較的多い症例です。

◆交叉咬合

こうさこうごう

交叉咬合(こうさこうごう)とは、顎が左右いずれかへずれている噛み合わせの事です。放置すると成長期に左右で顎の成長に差が生じ、顔の歪みが生じます。

◆開咬

かいこう

奥歯でしっかり噛んでも前歯が咬み合わず、上下の歯の間が開いてしまう咬み合わせの事です。開咬は歯列によるものと骨格によるものがあり、幼年期に指しゃぶりが長く続いていた事等が原因になる事もあります。

◆上顎前突

じょうがくぜんとつ

上顎前突(じょうがくぜんとつ)は一般的に「出っ歯」と呼ばれ、下顎の前歯に比べて上顎の前歯が前に出ている噛み合わせの状態をいいます。「出っ歯」で悩んでいる方の多くは、「上顎前歯の前方傾斜」によって上顎前突になっており、矯正治療を希望される方の中でも多い症例のひとつです。

◆叢生

そうせい

叢生(そうせい)とは、歯がデコボコに生えている状態の事で、「乱杭歯(らんぐいし)」とか「八重歯(やえば)」と言う事もあり、また、捻転(歯が正面を向かずにねじれて生えている)」というものもあります。個々の歯の位置異常が起こり、歯がデコボコに生えている状態です。

◆下顎前突

かがくぜんとつ

下顎前突(かがくぜんとつ)は「受け口」「しゃくれ」とも呼ばれ、下顎(下の歯)が上顎(上の歯)よりも前に出ている噛み合わせをいいます。何らかの原因で顔面・顎・歯列などの形や位置、機能が異常となり、顔の変形や噛み合わせの不具合を引き起こす「顎変形症(がくへんけいしょう)」の中でも最も多い症状です。

◆空隙歯列

くうげきしれつ

空隙歯列(くうげきしれつ)は一般的に「すきっ歯」とも呼ばれ、歯と歯の間に隙間が生じる歯並びをいいます。奥歯や歯全体に隙間がある場合を空隙歯列といい、何らかの原因によって、顔面・顎・歯列などの形や位置、機能が異常になり、正常な噛み合わせが出来なくなります。

◆過蓋咬合

かがいこうごう

過蓋咬合(かがいこうごう)は歯を噛み合わせた際に、上の前歯が下の前歯を覆い隠す、深い噛み合わせになってしまう症状をいいます。正常な噛み合わせでは、下の前歯の上部1/3~1/4程度が、上の前歯で覆われますが、過蓋咬合は、下の前歯がほとんど見えないほど、上の前歯で隠れるのが特徴です。重症の場合は下の前歯が上の前歯の後ろにぶつかって歯茎を傷め、炎症を引き起こす場合もあります。また過蓋咬合では、下顎が奥に押し込まれる為、顎の関節への負担が大きくなり、「顎関節症(がくかんせつしょう)」等の症状を訴える方もいます。


《不正咬合の悪影響》

食物が歯の隙間に挟まり、歯磨きがしにくく、虫歯や歯周病になりやすい。

 

食べ物をよく噛み砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる。

 

上下の顎の発育や顔の成長に影響を与え不調和をもたらす。

 

顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい。

 

筋力のバランスが崩れ姿勢が悪くなる。

 

正しい発音がしにくくなる。