矯正歯科治療とは
歯並びの種類
年代別矯正歯科治療
矯正歯科治療の流れ
矯正歯科Q&A

◆矯正歯科治療の目的

長く自分の歯で過ごす為には、「咬み合わせが良い事」「歯のお手入れ」が重要です。その問題を解決出来るのが、矯正治療です。

歯並びが悪いと、磨き残しが出来て、虫歯になりやすくなります。

また、歯本来の機能である、食べ物を噛み切り、すりつぶすという事がしっかり出来ません。

更に、悪い歯並びは、他人からの印象もあまり良くありません。

矯正治療で歯並びを良くする事で、見た目はもちろん、しっかりと

咬む事が出来るようになり、歯のお手入れもしやすくなる事で、

虫歯や歯周病を予防する事にもつながります。

つまり矯正歯科治療とは、一生を通じておいしく食事をし、

素敵な笑顔で楽しく社会生活を送れるよう、

お口の環境を整える治療です。


◆当科の矯正歯科治療の特徴

当科では、歯並び・噛み合わせの治療に際し、治療終了後の口元の状況の配慮はもちろん、可能性のある限り歯を抜かない矯正治療を主体とする治療方針を考え、診断時に患者様に提示しております。

矯正歯科の治療方針は、1人の患者様に対して、十人十色の治療方針が立てられるのが現状です。その為、先生によって治療方針が違い、また永久歯を配列する際、歯を抜いて、または抜かずに並べるという基準が全く異なります。

この際、抜歯される歯は、ほとんどが健全な永久歯になります。 ただ、抜歯をしないと、並べ終わって歯が出た感じがするであるとか、もともと歯が出ている・口元が出ている事を治したいと思って治療したのに、改善されない結果になる事もあり、すべてを非抜歯矯正治療(歯を抜かない矯正治療)というわけには行きません。

また、非抜歯矯正治療は、症例の難易度が上がるほど、患者様の協力がかなり重要になり、協力が得られない場合は抜歯となる事があります。

さらに年齢が上がれば、それだけ抜歯になる可能性が高くなります。

当科では、そういった基準を少しでも歯を抜かない矯正治療(非抜歯治療)になるよう、矯正歯科治療の技術を追究しております。

すべての症例を非抜歯矯正治療で行う事は限界があり不可能ですので、ご理解ください。

適切な年齢で矯正歯科治療を開始出来れば、ほぼ8割程度は歯を抜く必用はないでしょう。

歯並びについて気になる事があれば、その時に早めに相談される事をお勧めします。


◆相談に十分な時間をかけ、矯正治療についての説明を行います。

矯正歯科治療は、歯科治療の中ではかなり特殊な治療で、歯科医院に行ってもなかなか正確な情報が得にくい治療でもあります。

しかし、治療に関して治療費、治療期間がかかるのは事実ですので、治療を開始する前に矯正治療というものがどういったものなのか、表面的な事だけでなく、ある程度の詳細な事まで知った上で、治療を開始するかどうかを決めていく事が重要になります。

当科では、患者様に十分理解をして頂いた上で矯正歯科治療を行うか否かを決定して頂ける状況をお作りしております。相談にはおよそ30~60分程度の時間をかけ、お口の状況、顔の状況を見ながら説明して行きます。


◆矯正歯科治療は、矯正歯科専任の担当医が行います。

矯正歯科治療は3週間から4週間に1回の間隔での治療になる事が多く、

少しでも治療が早く終わる1番の近道は、その一回一回の治療で一人の先生が一貫した治療計画の下、確実に時間をかけて歯を動かす為の調節を行う事にあります。この際、ドクターが途中で変わったり、場合によっては担当医自身が変わってしまったりすると、治療の期間はもちろん、治り方も変わってきます。ごく当たり前の事なのですが、大変重要な事です。


◆徹底した歯磨き指導、口腔内清掃を行い、

 虫歯・歯槽膿漏になりにくい状況を作ります。

矯正歯科治療中、装置をつける事で、歯磨きがしにくくなったと感じられる事があると思います。そうすると状況にあわせた歯磨きの方法、口腔内清掃(PMTC)が重要になってきます。当科では、歯磨きの状況によって矯正治療時に、もしくは歯磨き指導の為の時間を取り、徹底的に指導、清掃を行います。歯磨きは、ご自身の協力がないとうまく行かないのが実情です。その為、患者様本人だけではなく、保護者の方(成人は除きます)にも指導して行く方針をとっております。

 

《矯正歯科診療日》 毎月第4土曜日