◆義歯治療の流れ

年齢を重ねるごとに顎の骨は吸収され、歯茎は痩せて変化して行きます。

当科では患者様のお口の状態を精査し、患者様のご要望をお聞きし、最良の治療法を提案致します。

提案した治療法について、患者様ご自身に選択して頂き、義歯治療がスタートします。

治療前に十分なカウンセリングの時間を取って説明しますので、ご安心ください。

 

◆最新の義歯治療の紹介

従来の保険診療の義歯は、金属のバネを使用して残存歯に引っ掛けるもの(部分義歯)、

またはプラスチック(レジン)で、顎を作りその上に人工歯を埋め込んだものです(総義歯)

これらの方法は、見た目の悪さや残っている健康な歯牙に、負担を掛けるという欠点があります。

またプラスチックで顎の大部分を被う事で、発音障害、味覚障害が生じる事もあります。

従来の義歯より噛む力を向上させ、痛くなく、異物感の少ない、最新の義歯治療を紹介します。

 

磁性アタッチメント(マグネット義歯)《保険適用外》

義歯に磁石(マグネット)を埋め込み、自分の歯根に金属を埋め込んで磁力により安定させる方法です。

この治療法は金属のバネを使わないので、残っている健康歯に負担を掛ける事なく、義歯の着脱が簡単で、

手入れがしやすいという利点があります。

更にインプラントマグネットの併用により義歯の形状を小さくする事も可能になり、口の中の異物感も減少します。

保険適用外の部分義歯治療の主軸となっています。

 

ノンクラスプ義歯《保険適用外》

金属を使用しない義歯で、歯茎の隙間に弾性のナイロン樹脂を密着させる治療法です。

金属のバネを使用しないので、見た目も良く、自分の歯と義歯との隙間がないので、装着感も良好です。

金属アレルギーの患者様に適した治療法となります。

部分義歯の症例によっては治療のストレスも少なく、義歯の安定性、異物感の少ない有効な治療法と考えています。

 

シリコン義歯《保険適用外》

義歯の土手の部分を生体親和性シリコンで加工する義歯です。

シリコンは吸着性が良く、弾性により義歯がはがれにくく、顎の痛みが緩和されます。

特に顎の吸収が大きく、痩せ細っている顎の症例や、硬いプラスチックの義歯で、

痛みが取れない場合に有効な治療法です。

 

金属床《保険適用外》

義歯の顎の一部分を金属で作成する方法です。

従来より金やコバルトクロム等の金属で作成する方法がありましたが、

最近では生体親和性が良い、軽いチタンという材料も使用されています。

特に上の義歯の口蓋(義歯の真ん中の部分)を金属に置き換える事で、

食べ物の温度が伝わりやすく、プラスチックより薄くでき、

異物感がかなり減少する有効な治療法です。

 

保険適用外の治療費については、治療前に詳しく説明致します。

ご不明な点やご質問は、お気軽に担当医、受付までお問い合わせください。